大手キャッシング会社にはウェブ(パソコン・スマホ)で簡単に出来るお試し審査があります。

大抵、匿名で審査ができます(モビット以外)。いわゆるシュミレーションですね。

こちらは審査といっても本審査ではなく、数少ない項目の入力で、借りられるか借りられないかをアバウトに回答してくれます。

その回答がOKならば、引き続き本審査へ進めます。

お試し審査はひとつの目安になりますので、利用しようかと思っている会社があれば、お試し審査をしてみてはいかがでしょうか。

即回答!ネットでお試し審査/クイック診断がある金融会社/キャッシング

アコム
アコム
アコムのお試し審査は「3秒診断」といいます。年齢、性別・独身既婚、他社のお借入状況についての“3項目だけ”入力します。これで必ず審査が通る訳ではありませんが、今のアナタの状況ではどんな感じかおおよそ分かりますので、試しにやってみるとよいでしょう。お申込アコム
プロミス
プロミス
プロミスのお試し審査は「3秒診断」といいます。生年月日、年収、現在のお借入金額を入力して診断開始。<ご融資可能と思われます>が表示されたらそのまま手続きをすすめることができます。お申込プロミス
楽天銀行
楽天銀行カードローン
無収入の専業主婦でも申込みが出来る、専業主婦にとっては実に貴重なカードローンです。(主婦は最大50万円まで)楽天銀行のカードローンは、店舗での申込みは出来ません。店舗や自動契約機がそもそもありませんので。ネットのみの申込みになります。ネットで全て完結するので、人に見られるリスクも無く自分のペースでやりとり出来ます。銀行カードローンなので低金利・総量規制対象外。おまとめローンとしての利用も可能。お申込楽天銀行カードローン
ライフティ
ライフティ
ライフティのお試し審査は「0.3秒診断」といいます。入力する項目は、年齢、年収、他社借入件数、現在の他社借入金額の4つだけ!簡易審査で大体目安がわかります。お申込ライフティ

【注意】一見、お試し審査に見えてお試し審査ではない金融会社/キャッシング

アコムの「3秒診断」、プロミスの「3秒診断」、ライフティの「0.3秒診断」とくれば、モビットの「10秒簡易審査」も同じ様相のお試し審査だろうと思われがち。

しかしながら、実際にやってみると分かりますが、他社のお試し審査と比較すると入力項目が非常に多いです。どうもお試しでは無さそうな・・・・。

モビット
モビット
「PC・スマホからWeb完結」のモビット。お試し審査のように聞こえる「10秒簡易審査」ですが、こちらは正式な申込みの事前審査です。その点他のお試し審査とは違い匿名ではなく、審査の入力項目が比較的多くあります。ただ、他社の正式な審査申込みと比較すると入力項目は若干少なめです。お申込モビット